忍者ブログ

村人たちにまたお世話になってしまう Cuculi


トゥマンの町から出てもあいかわらず田んぼや畑が続く。

ブドウ畑まであったのには驚いた。





まだ山に入ってはいないようで依然として平地がつづく。


    ↑田んぼで田植えをする人たち



申し訳程度にしか効かないブレーキを駆使していたら、またまたまたまたブレーキワイヤーが切れた。

これで何度目だよ!おい!

ひどい・・・



しかし大丈夫。

ピウラでワイヤーが切れたときに、ついでに予備のものを2つ買っておいたのだ。

その先にあったガソリンスタンドに自転車を止め、初めて自分だけでのブレーキ修理。


    ↑ここが切れた



    ↑ほら、この通り


思いのほかちゃんとできたので嬉しくなりながら自転車の荷台に荷物を載せていくと、

なんと今度はタイヤがパンクしているではないか!


    ↑ひえ〜、ぺったんこ


もっと早く言ってくれ。

ちょうど全部荷物載せちゃったところじゃないか。

もう一度荷を降ろしてパンクを修理。

本当にもう。

しょうがないやつだ。



その先も、畑の茶色と奥の深緑のコントラストが素晴らしい。

奥だけ見ると原始時代のようだ。



    ↑奥の原始感、わかりますか?



    ↑アースカラーが色鮮やかに出てる


    ↑なぜかスプーンの絵が描かれた岩盤



川の横を通っていく。

ダムがあったので休憩がてらに見学する。


    ↑すんごい勢い


    ↑泳いでるけど、危なくないのかな


釣りをしている人が何人かいて、本当に釣れるのか見ていると、なんとすぐに釣りあげてしまった。

    ↑糸と針と固形のエサだけでスイスイっと釣り上げる

自分もエクアドルで釣り竿を買ったので釣りができるようになったのだが、今はそんな気がしないのでパス。

まだ知らぬ先の村を目指す。

周りは自然だらけだが、店や食堂がある規模の村は見つかるのだろうか。



夕方が近くなってきた頃、Cuculi(ククリ)という村に入る。

大きいところはないが、今日通りすぎた村のなかでは一番大きい。



キャンプ場所を探していると、ここの村人たちに囲まれる。

「ここは食堂がないから飯を分けてあげるよ」

と言う村人たち。



そのうちの一人の家に自転車と荷物を預かってもらい、バイクタクシーに乗ってみんなで広場へ。

そこでバレーとサッカーのプレイを見たり犬をなでまわしたりして楽しんだ。



ここは血を吸う小さい羽虫が飛んでおり苦しめられた。

こっちの人は平気なのかと思っていたが、みんなパチンパチンと体を叩いている。

やっぱり彼らもガンガン吸われてんのね。



自転車と荷物を返してもらったあと、別の人の家でスープとパンをごちそうになる。

こんなことを言っては悪いかもしれないが見るからにお金がないような家の中だった。

やせ細った犬が敷かれた毛布の上で死んだように倒れている。

なんだか食事をもらうのが申し訳なくなってくるが、せっかく食事をもらったんだから十分味わっていただこう。

彼の気持ちを無下にするわけにはいかない。



とてもおいしいスープを飲みおわり少しゆっくりしていると、今度は別の人が家へと招待してくれた。

さきほどバイクを運転してくれた人だ。

恩義も感じておりここにもう少しいたかったのだが、スープをくれた彼が行けと言うのでバイクタクシーを自転車で追う形で別の家へ移動。



そこでもまた食事をごちそうになってしまった。

そしてスポーツドリンクやクラッカー、グアバというフルーツを取ってきてくれる。



このグアバ、チクラヨのときにも写真を載せたが巨大な空豆のような形をしている。

中に入っている小さな白い実を食べるのだが、ほんのり甘くてかなり青臭い。

すまないがあまり好きじゃないですこれ。。。



    ↑これ。木にぶら下がっている

そこの家族たちと写真を見せたり話をしているうちに夜もふけた。

彼らの家の前にテントを張らせてもらえることになった。

本当は家のソファに寝てもいいと言われたのだが、家の中がかなり暑かったので断ってしまった。



次の日はみんな無言。

昨日はおしゃべりできたが、今は言葉が通じず話すこともないのかもしれない。

それとも早く出発してほしいと思っているのだろうか。

グアバやクラッカーをさらにもらい、自転車をこぎだす。



今思えば、彼らは自分がいなくなることを悲しんでくれていたのかもしれないかった。

もう2度と会えないのだから。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[1回]

PR