忍者ブログ

ホテルご主人「金はいいからもう一泊しなよ」 Lajas(修正済)



地図を見ると、このさきにChota(チョタ)という名前が大きく書かれている。
きっと大きな町に違いない。
チョタはもうすぐのはずだ。
天気も悪くないし、ガンガンいこう。


川が流れる谷間を走る。



ここから道路状況が悪くなる。
ところどころコンクリートがなくなり、未舗装路になっているのだ。
それを注意する看板もたてられている。

自転車にとってはつらい道である。


    ↑「アスファルトの終わり」



    ↑坂の角度がこれもう道ではない。壁! 実際はゆるやかな坂でした



    ↑きれいな層になっている岩



    ↑こんな可憐な花が咲いていたり



    ↑岩にはりついた結晶が太陽の光を金色にかえて反射させている



今日の出発地であるコチャバンバではなにも食べずに出発したため、走り出しからすでに腹が減っていた。
そのうちレストランくらいあるだろうと高をくくったのがいけなかった。

面倒だから、とよく朝食や昼食を抜いてしまうことがよくあるのだが、これは自分の悪い癖だ。
だってさ、一々荷物と自転車を置いてメニュー聞いて食べて金払って・・・っていう手順が本当に面倒なんだもの。



運よく商店があったので、そこでお菓子とジュースを買い込み、むさぼる。


    ↑ここで買ったのがこのお菓子。チョコもクリームもはみ出るほどたっぷり挟まれていておいしかったが、他で売っているところを見たことがない


店のなかには舌がまわっていない酔っぱらいがビールを飲んでいてからまれてしまった。
酔っぱらいたちを相手にすると時間をとられてしまうのでやっかいだ。

しかし今日は時間があるので大丈夫。
チョタはもう近いんでしょ?


…近いんだよね?



えっと、全然着かないんですが。
けっこう来たはずなんだけどな。



    ↑晴れてきた。空が晴れると景色がきれいに見えるから、モチベーションの意味でも天気は大事



    ↑丘の上に石垣が。そんなことより町まだー?



道路工事をしている人たちに「チョタはまだか」と質問してみる。

「もうすぐだよ。この先の~を~したら着くよ」(ちゃんと聞き取れない)

本当だね? 信じるからね?


  
    ↑スピードを出すと穴ぼこで危険



    ↑川の流れが激しくてゴウゴウと流れる音が心地よい



胃におさめたお菓子のスタック分が底をついたようで、また腹が減ってきた。
アップダウンを繰り返しさらに石がちらばっている道を急ぎめにゆくと、ついに町が見えた。





ここがチョタ?
イメージよりずっと小さい。


たまたまそこにいた子どもに聞いてみると、
「ここはLajas(ラハス)で、チョタはもう少し先に行ったところだよ」

よし、もう一息というところか。
それなら一気に!






…行くとお思いですか?


もちろん、ここに泊まりましたとも。
自分がそんなにがんばって走るわけないでしょ。



近くのレストランで食事。
4ソルと安いしなおかつうまい。


    ↑鶏肉が入ったおいしいやつ。料理名はわすれた



    ↑こっちはlomo saltado(ロモサルタード)。ペルー版チンジャオロースという感じ。サルタードは多分醤油炒めのことと予想
 ※訂正加筆しました



インターネット屋に行ってみたがそこではラップトップをケーブルに繋いでも反応せず、wi-fiのパスワードもわからないということで、わざわざ他のネット屋を紹介してくれた。


この地域のネット屋は、wi-fiはあるがパスワードがわからないというところがなぜか多い。

パスワード解析できたら解決してあげられるのになぁ。
そもそもパスワードを解析することなんてできるのか。
ハッキングとか?
パソコン関連に疎い自分にはわからない。



ホテルは15ソル(555円)ととても安く、しかも次の日チェックアウト時間ギリギリまでベッドでうだうだしていたら、ホテルのオーナーとそのいとこが部屋まで来て
「もう一泊していきな。金はいらないから」
と言ってくれたのだった。

すてき!


どうやら具合が悪いと勘違いしたようだが、ジェスチャーと知っているスペイン語を駆使してただの筋肉痛だと伝えることに成功。

いや、うだうだしていたのは筋肉痛が原因ではなく、昨日フリーゲームをダウンロードしたからなのだが、(http://www.ariaru.com/works/digital/dunmap.html ←これ)でもほら、まだ昨日の体の疲れが残ってるし。

足首と臀部と腰がね、痛いなーって。

なんかザックの腰ベルトが変なところに当たってて、痛いなーって。

思っていたところだったんですよ。いやマジマジ。



で、お言葉に甘えてもう一泊させてもらったのだった。

おかげでゲームの表面をクリアすることができたよ。
ボスの攻略も完璧に把握。
ありがとう、ホテルと靴屋2軒を切り盛りしてるおじさん!


ちなみに、腰ベルトが当たっていた部分は紫色のアザがくっきり残っていましたとさ。


    ↑犬が多い。ペルーの街中は犬もネコもたくさんいる



    ↑集団でいっせいに同じ方向を見る犬たち



    ↑ホテルの屋上から



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[1回]

PR