忍者ブログ

塩湖を見ないウユニ Uyuni


ホテルを出て昨日下見に行ったバスターミナルへ行くが、

なんと乗車拒否!


というのも、自転車を載せられるスペースがないのだそうだ。
ほかの車には、うえに荷物を載せる鉄の棒が装着されているのが、ウユニ行きのバンにはそれがないのだという。

するとスタッフのお姉さんが
「新しいバスターミナルなら載せられるし値段ももっと安いわよ」
と教えてくれた。


人に道を聞きながら、その新バスターミナルへ。



ちょうどすぐに出るバスがあり、値段は30ボリビアーノ(480円)と昨日聞いた値段の半分だった。

早速乗り込み、バスが発車。




「あーここはこの前見た橋のところだ、あーここは昨日見た……」


そんな風景を見ながら寝たり起きたりを繰りかえした。
そこでふと気がつく一抹(いちまつ)の不安。


もしかして、滞在期間の日数って入国当日も入ってる?


もしそうだとすれば、明日ボリビアを出なくてはいけない。

この前
「8月は31日があるから考えていた日より一日早く出なくてはいけないな」
と気がついたばっかりなのに……!


すこし余裕があると思っていたが、実は切羽詰まっていたのだった。

これではウユニ塩湖は見れないかな。



寝て起きてを繰り返したせいかそれともバス酔いなのか、頭が痛い。

ウユニの町に到着したときは夕方をすぎていた。
適当にご飯を食べて適当なホテルを見つける。




明日は時間がないかもしれないので、簡単に町を歩いてみる。

思っていたよりも大きく、とくに道路の広さが印象的だった。
ただ夜のせいかガランとしていて、スカスカな感じに見えてしまう。




↓こちらは翌日撮った町の写真






国境行きのバス会社を見つけて明日の時間を聞き出す。
昼の1時に発車するらしい。

これを逃せばほぼ確実にオーバーステイすることになるだろう。
絶対に遅刻はできない。


それにしても、この町もけっこう楽しそうだ。

ああ、もっと早く着いていれば。
心中にうず巻く後悔は大きくなるばかりだが、それはすでにどうしようもできないのだった。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[2回]

PR