忍者ブログ

Riobambaの駅前カフェのフラペチーノはおいしいという話

※今回はリオバンバの観光ということで、そんなに観光らしい観光もしてないんですが、ここに来た人向けにリオバンバ情報を載せつつ書きすすめていきたいと思います。

ささっと流し見がオススメ。

そういえば ひとつ前の大きな町、アンバトあたりは日野メーカーのトラックが多い という噂をメールにていただいたのですが、

どうだっけかな?

と思い、ここリオバンバでトラックに注目してみたところ、たしかに時々見かけました。

でもアンバトからここまでトラック自体ほとんど見ていなかった気がします。

走っていた曜日のせいかもしれませんし、そんなに車に目を向けていなかったからかもしれません。

余談ですがこちらでよく見る日本車はHONDA、TOYOTA、DAIHATSUが多いですかね。

ついでYAMAHA、SUBARU、NISSAN、MAZDAが少々といったところでしょうか。

MITSUBISHIも少しだけ見ます。

MAZDAはこれまであまり見かけずこの町で久しぶりに見たものですから、この文字が目に入ったときには「こんなスペルだったっけ?」「なんて読むんだっけ?」と考えてしまいました。

YAMAHAはディーラーや看板ではよく見るけど実際に走ってるかというとあんまりという印象です。

バイクはSUZUKIが多いですね。

日本以外はドイツ車のヴォルクスワーゲンと何とかというメーカー、アメリカ車の何とかというメーカー、それから韓国車のヒュンダイも非常に多いです。

アラスカやカナダではDODGEという車をよく見かけましたが、メキシコに入ってからはあまり見かけなくなりました。

車は詳しくないのでこれくらいしかわかりません。

すみません。

"よく見る"といえば、

このあたりはものすごく中華料理屋が多いんですよ。

そのおかげで

 

スペイン語のPlancha(プランチャ)が鉄板焼きだということがわかりました。

これまでa la planchaと書かれていたりしていたのですが、何のことだかわからずに注文していたのですね。

で、出てきたのが見た目普通に焼いた肉。

なるほど、あれは鉄板焼きだったのか。

じゃあasado(アサード、焼き肉)とかbistec(ビステク、牛ステーキ)などとは微妙に違うのでしょうか。

見た目は一緒なので実際に聞いてみないとわかりませんが、スペイン語が堪能ではないので聞いたところで返答を聞き取れず結局わからないということになりそうです。

そうそう、今いるところはこちら。

 

丸いところがホテルの場所です。

矢印のほうから町に入り、まっすぐ来ました。

hotel Astoriaというところで値段は前回書いたように$10。

近くに$10のB&Bがあるそうだし、来る途中に$8のホテルがあったみたいだったので、そっちのほうが安いかと思います。

自分は朝食の時間までには起きれないし、ここの立地が便利なのでここで満足です。

電車の駅にもバス停にもそこそこ近く、夜は隣の歩道で安めの屋台が2軒出ていて、いいところです。

南に行くほど物が安くなってくるそうなので、もっと奥に行けばもっと安いところがあるかもしれません。

ホテルの前にParque Guayaquil(パルケ・グアジャキル)という公園があると思いますが、ここのサイドにある"ダニエル・レオン・ポルハ(ボルハ?)通り"を南、地図で言うところの右下に行くと、右手にツーリストセンターがあります。

そこで町の地図をもらおうとしたのですが、フリーのものがないらしく代わりにエクアドル全土の地図とチンボラソ山周辺の大まかな地図をもらいました。

世界的に見てもかなり危険度の高い山らしいので自分の経験と能力的に登るのは無理なのですが、

以前からチンボラソのふもとあたりまでなら行ってみようかと考えていたので、そこで働く英語を話せる人にそこまでの行き方を聞いてきました。

大学時代には近くの山林へよく遊びに行ったりしていた自分。

しかし山登りとなるとそこまで高いところは登った経験がありません。

近所の低い山を何度か登ったくらいです。

あとは富士山に登ろうとして雨が降ったのでしかたなくあきらめ、帰りの電車にメガネを置き忘れるという何をしにいったのかわからない苦い経験があるくらい。

しかしそれでもふもとくらいだったらバスでも行けるだろうと思い、せっかくだから行ってみようと考えた次第です。

聞いてみると$1.50で近くの村まで行けるそうで、Guaranda(グアランダ)行きのバスに乗りEl Arenal(エル・アレナル)で降りるということでした。

そのまま乗ってしまうと$4ほどかかってしまうので、ちゃんと行き先を言うようにと念を押されました。

ほかにBosque Polylepisという森かなにかがオススメらしいのですが、英語が聞き取れずよくわかりません。

たぶんチンボラソの近くにあるのでしょう。

それから電車で行くならColta(コルタ)行きに乗ると景色がとてもきれいだという話でした。

自分は乗りませんが、ここに来た人は乗ってみてはいかがでしょうか。

そんな感じで、ほかに安めのホテルやレストランの話を懇切丁寧に教えてくれ、

「なにかわからないことがあったらまたおいで」とまで言ってくれました。

久々にこんなに丁寧なインフォメーションセンターに出会いました。

町はとてもオシャレで明るい雰囲気です。

時々物乞いはいますが、商店街にならぶ店も華やかでガラス張りを使った雰囲気のいい店がとても多いです。

 

    ↑分離帯にヤシの木が並んでいる。おっしゃれー

 

    ↑小さなモールのショーウィンドウにはハロウィンカラーの服が並ぶ。そういえばもうすぐ10/31なのか

 

    ↑ものすごく金ピカな店があったので覗いてみる。この下の段に置いてある鍋とか実際に使うのかな、それとも飾り?

 

    ↑小さな小物も金色

  

    ↑スマホケースもいろんなデザインがあるんですね。いやでも自分スマホもってないんで

 

    ↑ここが駅。町のど真ん中にある

電車の駅の近くに安めのレストランを発見。

そこでもらった地図を眺めます。

 

    ↑なんとここは小さなデザートが出る!この日はイチゴのコンポート。めっちゃうまかった

  

    ↑別日はゼリーエースのイチゴ味という感じの弾力のあるゼリー。肉がニンニクが効いていてこれまたおいしかった

安いといっても$2.25もするのですが、ほかが高すぎるのでどうこう言ってられません。

出費を抑えるために、夜はほとんど毎日安いホットドッグかフライドポテトですませていました。



おいしいフラペチーノがあるカフェをみつけました。
ここも駅のすぐ向かいにあります。

値段は$2.80ととても高いですが、思いきって買いました。






これがめちゃくちゃおいしい!!!


甘い中にちょっとビターなエスプレッソテイストが残っており、苦めが好きな人でもけっこういけると思います。

クリームも牛乳っぽい風味があり、これが混ざるとマイルドになってこれまたおいしい!


これは当たりでした。



    ↑このカフェ

ここはオススメですね〜。
高いけど。

軽食もあるらしく夕方はけっこう人が入っていたので昼ごろの空いているときにいくと待たなくていいと思います。




あとは町をあてもなくブラブラして、それ以外はブログを書いたり動画を作ったり寝たりしていました。


そんな感じでこの町の滞在はのんびりとすぎていったのでした。



    ↑グアジャキル公園の一部。朝と夜はよくこのへんでエアロビクスをしている



    ↑フリークライミングをしている子ども。スタッフっぽい人達が子どもたちと遊びながら運動をしているのが窓から見える



    ↑突然の日本語におどろいて撮った



    ↑近くのガソリンスタンドの店で売っているソフトクリーム。けっこう大きく作ってくれるのが嬉しい
 



次回はチンボラソ山へとりあえず行ってみた話。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[1回]

PR