忍者ブログ

赤道ってどこにあるの? Guayllabanba





風邪っぽい症状がすこしひどくなってきたので、次の日は休むことにした。

町を軽く回って見学。
その後昼寝、そして夕寝。



    ↑教会の前で売られていた花。たぶん生花ではなかろうか。青いのが気に入ったが、枯らすだけなのでもちろん買わなかった



    ↑町の中央広場。真ん中のミラーボールのようなオブジェが目立つ



    ↑広場の教会。薄みずいろと白の組み合わせがファンシーできれい



    ↑町通りの様子。けっこう大きい



のちにキトの情報ノートで知ったのだが、ここは民芸品などの露店で賑わうので有名らしい。

日曜日は大変な賑わいを見せ、扱っているお土産品もなかなかいいものがそろっているそうだ。


それを知らず、次の日にはここを去ってしまった。





町を抜けて数十分。
村にぶつかる。


こじんまりしていて静か。
とっても自分好みの村だ。

そして衝撃的事実。




見えますかね?

なんと、この宿、$5なんです!


やっす!
ここに泊まればよかったよ…


でも一昨日は疲れ果ててたし空は真っ暗だったから無理だったか。



ああ、こんないいところで安く泊まれただなんて。

しかし今日はまだ5km程度しか進んでいないし、この日はなぜか絶好調。
気分が高揚しているし、誰にでも親切にできそうなくらい気分がいい。
未来は明るい。

そんな調子なのでここでストップするのはもったいないではないか。
もっと先へ行こう。




    ↑そんな村にあった地球の巨石。つなぎ目が薄ら見えるのが切ない



乾燥地帯を走り、肌はカサカサ。
唇は荒れてヒリヒリ。

そんなものにも負けません。
だって今日はいい気分なんだもの。



    ↑乾燥高原地帯




     ↑雪山はいつまでも付き添ってくれるが、その姿も徐々に小さくなる




    ↑山を切り崩した道。地層により凹凸面の違いが見える背の高い土壁は芸術的




    ↑白い部分にトンネルが空いていておもしろい




     ↑ほら、これなんてもう壁画みたい。どうなっちゃってるの?



ここまで特筆することはない。

途中の町で安い昼ご飯を食べたら小さい子たちに少しからまれて大変だったというくらいか。





    ↑Oton(オトン)。目立つ教会が建った村だったが、スルー




    ↑Chinchinloma(チンチンローマ)。ローマの悪口かよおい


という風に、ここらへんは変な名前の村が多い。

ここGuayllabanba(グアイジャバンバ)もその一つであろう。



さて、ここで一つの疑問が浮かんできた。

赤道ってどこだろう。



エクアドルと言えば赤道、というくらい有名な場所だ。
エクアドルという名前自体「赤道」という意味があるくらいだ。


今日機嫌がよかったのは体調がまずまずよかったせいだけでなく、今日おそらく赤道の上に立てるだろうという予測があったことにも由来していた。



では、その赤道はどこか。





地図を見てみると、


  赤道線は


    現在地の


      上方に引かれていた・・・






こ、これは、まさか

知らずに通り過ぎたパターン!?




正直ショックを隠しきれない。




そうか。

もっと目立ってドンとなにかこう線が引かれていたり像が立っていたりするのかと思っていたが。

そうか。




まあね、しょせん赤道なんて目に見えないものだし、行ったとしても「で?」っていう感じで終わるでしょうからね。
別に行かなくてもいいですよね。
そんなに重要でもないし。
そうそう、だから別に平気ですし。

平気ですし。。




くっそー赤道め。

今に見てろよ!
この借りは必ず返してやるからなぁ!!(小物臭)




あれ?
もしかしたら

ここが赤道だったとか。

よく見ると線のようなものが引かれているし…


いやまさかね。
たぶん見落としたのでしょう。




走る気が一気に失せてしまったため、グアイジャバンバに泊まろうと思ったが$20と高かったので、少し先へ進んだ村はずれのホテルに値下げ交渉をして休んだのでした。



今に見てろよー赤道ー!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[1回]

PR