忍者ブログ

Cuenca滞在記その5「アナタ ニホンジン?」



暇だ。

とにかく暇。



滞在も2週間以上になってくるとすることもなく、パソコンもなく、辛い日々がつづく。
ソフトクリームを食べることしか楽しみがない。


特に自分は近い未来に予定があるとものすごくストレスを感じてしまい鬱状態になるほどなので、この「パソコンの帰りを待つ」というのはかなりの苦痛をともなった。



そんななか、スーパーへ買い物に行こうとしていた矢先、道で演奏をしている人を発見。

どうやら日本人のように見える。






◎邦人との遭遇


脇には自転車が置かれギターを弾きながら歌っている。



    ↑チップがすごい入ってる!


写真を撮っている自分に
「日本の方ですか?」
と向こうから声をかけてくれた。


話してみると彼、佐々木さんも自転車旅行の最中であるらしい。
しかも共通の知り合いまでいた。

ニカラグアで会った自転車乗り3人組のうちの一人だ。
彼とこのあたりで会う予定らしい。

自分もその人とは再開した暁にはジャグリングの腕を見せてもらう約束をしていたのだった。



奇遇な出会いに乾杯しようと、夜に飲みに誘われた。
それを了承し、待ち合わせ場所を指定して自分は急いでスーパーへ。

なぜならこの時ずっとトイレを我慢していたからだ。
ものすごくおしっこがしたい。
早くスーパーに着かなくては。




夜の6時半に同じ場所で再開し、バーを探すために町をウロウロ。

すると、通りすがった人から声をかけられる。

「日本人ですか?」

そう、本日2度目の日本人と出会ったのだった。


小林さんという名前のその人はこれまで1年間カナダでワーキングホリデーを使い滞在していて、それが終わった今、コロンビアからバスで南下してきているバックパッカーだった。

日本人と会うのは久しぶりだから一緒に同行していいかと問われ、3人で安くビールが飲める場所を探す。




そして乾杯。

自分はあまり乾杯とかしないでまわりを気にせずさっさと口をつけてしまうタイプだし、
その前の口上を述べるなんてもってのほか。
ほとんど見たこともない。


そんな自国の異文化を異文化な国で体験する。

つまりコミュ障なんです。



そんな人付き合いのヘタな自分だったので、正直小林さんがいてくれて助かった。

彼はとにかくものすごく話をふってくれたり質問して繋げてくれたりするので、自分は適当に相づちをうったり、「おっととっとー」みたいなあいの手を入れるだけですんだのはありがたかった。



もしチャリダーの佐々木さんと2人っきりだったら、



…もって30分。



おそらくそれ以上はお互いダンマリを決め込んでしまっていたことだろう。

本当に、コミュ障を、なめないほうがいい。




    ↑スマホ便利そうだね。自分持ってない






話を聞いていると、佐々木さんはギターと資金50万円を持って旅行をスタートし、ギターと歌で稼いでいるようだ。


・・・あれ?50万円?


そしてアメリカで一度ギターを盗まれたという。



・・・ん?なんか聞いたことあるような?




試しにブログをやっているかと聞くと、やっているという。

ブログ村に登録しているかと聞くと、やっているという。




あ!この人知ってる!!!



旅行ブログはあまり見ないようにしている自分だが、ほかの人はどのように作っているのかが気になってしまい、勉強がてらにチラッチラッといくつかのブログを見てしまっていたのだ。

それが4ヶ月ほど前の話。

そしてその中に彼のブログがあった。


ちょうどギターで歌いはじめたころの話とギターが盗まれた話の2つを読んでいたので、記憶と話が一致したのだった。



そんな佐々木さんのブログはこちら↓

チャリとギターで世界一周
http://tyariyguitarra.blog.fc2.com/


最近は更新してないみたいで残念ですが、応援してあげてください。





小林さんもカナダでベースをやっていたらしく、2人は音楽の話題で盛り上がっている。

自分も音楽は好きなので内容はわりと理解できるしついていけるのだが、そんなに口を挟まないのはバンドマンがよく言う「音楽性の違い」というやつかな。



・・・すんません、人と話せないからです。



ちなみに佐々木さんが今日稼いだ金額は$24!!



マジで!?

自分、$2ちょっとだったんですけど!!!

じゅ、12倍ぃぃいひひいいいぃぃぃッ!?





まあたしかに限界がすぐに来てしまうので30分ちょっとしか吹いてないんですけど、彼が言うにはやっぱり歌が一番稼げるとのこと。


すべて日本語で歌っていてこの稼ぎ。

それはスペイン語の発音と似ているところがあるのと、日本のフォークソングとこちらのフォルクローレなどの民謡が似ているため、耳に入りやすいらしい。


エクアドルの首都キトの広場のベンチで毎日弾きがたっていたおじさんたちがいたが、聞くたびにギターの弾き方などがよく似ていると思ったものだ。



それに楽器ひとつだったらほとんどを"音"だけで表現しなければいけない。

プロ並みにうまい人はそれだけで感動的に演奏できるが、そうでなければどうしてもすぐに聞き飽きてしまう。

単調にならないようにメロディアスな曲に限定されてしまう節もある。
BGMのないアカペラだとなおさらだ。


その点、歌は"メロディー"とともに"声"での表現もあるので、たとえば同じ音がつづくような曲でも一音一音舌の使い方や発声が違い、長く聞いていられるのだ。



そんな彼の歌をムービーで撮っておいた。
アップロードしてもいいという許可を得たので、もっと先になるだろうけどそのうちニコニコ動画とyoutubeにアップすると思います。

おたのしみに!





小林さんはバスでただ移動して町に着いて観光するだけの生活に疲れ、チャリダーに転向しようか迷っているという。

彼がこれからどうしていくのか。
このままバスで南へ向かうのか、それとも自転車を買ってゆっくり進んでいくのか。

それは誰もわからない。



ただ自分は「今はやめたほうがいい」とアドバイスしておいた。

自転車を途中で買ってもすぐ壊れるからちゃんと準備してきたほうがいいし、お金もかかるよ、と。
途中から自転車を買った身からのアドバイスだ。

それに自転車に取り付けるバッグや荷台パーツなどは海外ではほとんど手に入らない。
適当なもので自作してもいいが、それはそれで面倒だし不都合も多いだろう。





そんな話をしながら、夜はふけていった。


3人は別れ、それぞれ自分たちの道をゆくことになる。

佐々木さんに「また会えたらよろしく」というようなことを言われ、きっと会うことはもうないんだろうな、と思いながら複雑な心境で別れた。


さて、彼らと再会する日は来るのだろうか。



  クエンカのおはなし一覧 
      1 はじめに
      2 カハス自然国立公園とのたたかい
      3 ホテル引っ越し
      4 町内探索

      6 オーバーステイ情報と国外旅行




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[2回]

PR