忍者ブログ

小さいと思っていたAmbatoが都市だった


腹は心配だが、そろそろラタクンガを離れなくてはいけない。

トラックの荷台にソフトクリームの機械を置いて道路で売っているソフトが25セントと安くて、なおかつおいしかったのをラスト日に知ったのが心残りだ。



南へ向けて出発。

地図によると、細かい町が何個かありつつその先の大きな町まで約30kmほどらしい。

これなら今日中につけるだろう。




    ↑走っているときに見つけた空薬莢。だれか撃ったのだろうか



その細かい町のうちのひとつSalcedo(サルセド)の町。



通りすぎただけだが、とにかくアイスクリーム屋が多いこと多いこと。

見つけただけで10店舗以上はあっただろうか。





景色を撮ったり食堂で食事したりしながら進んでゆく。






そしてAmbato(アンバト)に到着〜。






って思ってた以上に大きいんですけど!!!


もう都市じゃんこれ。
こんなところだとは思わなかった。



というかなんか行く町行く町みんな大きいんですけど。

エクアドル、おそるべし・・・




    ↑高い山が見える




    ↑ここから見る限り崖のギリギリに家が建ってるけど大丈夫それ?




    ↑隙間からのぞく犬。めっちゃ吠えられた。けどかわいい




    ↑橋の上から電車が見えた



ホテルを探しながら歩くが、どこも高い。

安くていいホテルはないか、屋台の串焼きとジュースを飲み食いしながら探す。


大きな交差点に交通整理をしていた警官がいたので、安いホテルの場所を聞いてみる。

するとわざわざそちらのほうへ連れて行ってくれた。


なんていい警官だろう。
パナマのとは大違いだ。



一番安そうなところは部屋がうまってしまっていて入れなかったが、その近くのホテルは$10でwi-fiがついているしホットシャワーも出る、そして子犬が飼われているのでそこで承諾。

そんなに安いわけでもないが、まあ平均値だろう。
ほかが$15$20いっていたので、この町のなかでは安いほうなのではなかろうか。


部屋は暗くてせまいがそこには別に文句はない。
ただノミか南京虫かなにかがいるようで腕と脚をさされてしまった。




ここでまた一度血便が出たようだったので、もう一度病院へ行こうか迷った。

いやでも本物の血かどうかもわからないし、ただの痔かもしれないし、なにより病院でいちいち伝わらない説明するのがとても億劫だ。



そんなわけで、様子見と体を安静にする目的でここに数日間こもっていた。

不安な夜をすごす。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[1回]

PR