忍者ブログ

旅行動画の作成は、ゲーム実況動画とひと味違うのです。



今日は、めったにしない 動画の話 をしましょう。



ブログ作成だけでなく、動画も撮っています。


旅行動画を作るのは、この旅行を始める数年前から計画していたことで、その練習としてゲーム実況動画をコンパクトデジカメで直どりで撮って製作し、あげていました。

そうして旅行に出たのですが、やっぱりゲーム実況と旅行動画では違いが大きく、出立してからも"初めて"の連続でした。


ゲーム実況を撮る場合、カメラは固定します。
というか、普通はキャプチャソフトを使うのでカメラは使わないんですけど、自分はカメラの使い方も学ぶために直どりしていたんですね。

それでIOSやホワイトバランスなどの特性を理解し始めてきたのですが、

でも旅行動画となると、一番の問題は手ブレ、そして構図。
歩きながら、もしくは自転車を運転しながら撮るので、画面ブレがひどいんですよ。
ガクガクと動きやすいコンパクトデジカメを使っているのでなおさら。
ぶれると画面酔いがしやすくなりますし、画質もガクンと落ちます。

固定するにしても、どういう風に被写体をとらえるかが重要になっていきます。

編集もですね、それまでほとんどカットくらいしか使っていなかったのが、旅行動画では色々なテクニックが必要になっていき、凝りだすともう大変。
時間も気力も削られていきます。



アラスカ・カナダを走っていたころは、ムービーで景色を撮影しながら編集の構想まで考えてカメラを回し、かつ編集もカットしか使っていなかったので、週一ペースであげることができました。

しかしメキシコに入ってからは、なにも考えずにとりあえず撮っておく作戦に変更。
使用するかお蔵入りにするかはあとから考えるようになり、全体の流れも編集中に決めるようになりました。
内容が決まってないまま編集し始めるため作業に時間がかかり、また余分に撮りだめることが増えたためパソコンにたまるデータ量も莫大に膨れ上がりました。

おかげで愛用のノートパソコンのHDD内はいつもパンパン。
そりゃあ壊れますよねえ…


現在niconicoとYouTubeに動画をアップしています。
niconicoは旅行の詳しい内容を、YouTubeのほうは短めにまとめた高画質版としてつくっていますが、YouTubeは家族や知り合いむけに作っている側面もあります。

「今度はあなたの姿が見たいです」
と知り合いに言われたのをうけて撮ったシーンが、道路を自転車で横ぎる自分。
これはたしかカナダで撮ったはずです。
顔は映らず姿は見えるので、お気に入りの映像になりました。


メキシコシティでは、以前音楽のプロモーションビデオを作っていたという人と知り合い、彼から動画編集のコツややってはいけないタブーなどを少し教えてもらうことができました。
そこで編集の勉強になると勧めてくれたのが、バイリンガールというyoutuberの動画。


http://youtu.be/BfcRNdqU5YY

メールで貼られていた回は、列車で友達と旅行に行くというものだったのですが、こういうやり方もあるのかと目からウロコ。
…とまではいきませんが、編集のポイントをいくつか見て取ることができました。

現在メールアドレスがひとつ凍結したため、彼とはやり取りできなくなってしまっています。


そして、パナマで出会ったスウェーデン人バックパッカーのロアさん。
彼もYouTubeに動画を上げていて、彼の巧みな撮り方もマネしてみたい技法の一つです。
https://youtu.be/zToDsFTewO4


そんなふうに人の影響も存分に受けながら試行錯誤していっています。

元々はniconicoで活動しているせんとすさんの''日常実況"のような形を目指していたのですが、一歩二歩と足を踏み入れると、思いもしなかった底の深さがうかがい知れます。nicovideo.jp/watch/sm13115410



毎回動画を作るたびに、一つは新しいことを取り入れていて、
たとえばBGMやSEをつけはじめたり、テキストをいれたり、画像の挿入や音声入れ替え、自撮りでの状況説明などなど。
最近では機械音声でのナレーションを入れてみたりしました。

少しずつでも技術が向上していればいいのですけど。


本当はキャンプや自転車修理の風景も入れたいのですが、毎度うまくいかずお蔵入りになっています。
いまのカメラだと、暗いところが映せなくて難しいのです。



そんな感じで、超スローペースですがちょっとずつ工夫しながら動画も作っているので、よかったら見てやってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[1回]

PR