忍者ブログ

村人D「ここから北へ行くとポマックの森があるぞ」 Bosque de Pomac






今日のご予定:ポマックの森に行って発掘現場を見学
       その後 Batangrande バタングランデにて宿泊




フェレニャフェを出て北へ。


ガタガタの道路を通り抜け、町を出る直前で "Museo Sican シカン博物館" があった。

昨日行ってみようか迷ったのだが面倒になって行かなかったところだ。
こんなところにあったのか。


博物館の姿を目にしてしまうとなんだかちょっと行きたくなってくる。
もったいない気持ちになる。


バタングランデからもう一度ここフェレニャフェへ戻るので、博物館はそのときに見学することにしようか。



    ↑今はポマックの森へ急ぐのだ



木々がそれなりに生い茂る道を走っていると、ペルー国民の足であるバイクタクシーがブルリンブルリンと音を立ててやってきた。


そして中から、

 こんにちはー

という叫び声が聞こえた。
日本語で。


目の前で止まるバイクタクシー。

その乗客はすこし日本語が話せるようで、自己紹介をしてくれた。



なぜ日本人だとわかったのだろう。
もしかして、今大声で歌っていた日本語の歌を聞かれてしまったのだろうか。

は、はずかしい。






そんなこともありながら、
小さな村を抜けた先は砂漠、そしてまた木々生い茂る道に入って、
やってきました「ポマックの森」。

RPGとかで使われてそうな名前の森である。


フェレニャフェからはそう遠くなく、2時間もかからずに着くことができた。



    ↑ポマックの森攻略マップ。そこは広かった


まずは入口にある小屋へ行って10ソル(350円ちょっと)を払い、隣の資料館へ。

「たくさんの生き物たちが棲息しています」

というようなことが写真とともに書かれている。
鳥だけでもざっと1200種はいるらしい。
すごいね。




昔から息づいているおじいちゃん巨木や楽しげな鳥たちを見ながら、ガタガタの道を自転車で走る。

最近ダート走りすぎじゃない?
けっこうつらいんですけど。


ただ今回はザックを入口に置かせてもらったので、かなり身軽だ。

そうか、ザックがないだけでこんなに走りやすいものなのか。
普通のチャリダーはこんなに快適に走っているのだな。




Rio la leche(リオラレチェ、牛乳川)というところを発見。
噂はかねがね。

普段は川のあとしか見えないのだけど、12月から水が流れるらしいですよ、この川。


現時点で1月。
川はどうなってるかな〜。








ってカラッカラやないかい!






もうパッサパサ!!

でも川の跡地の砂が白くなっててちょっときれいだったりする。
ミルキーウェイ。




地図によると、目指す遺跡までは5km以上離れているそうで結構な時間を自転車で走らなくてはいけない。
さっきも言ったが穴ぼこや石だらけの未舗装地である。


ひーん。


でもコンクリートで固めたら自然が壊れてしまうのでよろしくない。
ここは我慢だ。




    ↑下についてる看板の重り部分がちゃんとデザインされていて細部にこだわりが見える



Huaca del oroとかかれた案内看板にしたがいながら進んでいくこと30分弱。



さきほど見た牛乳川を横切る。
若干地面が濡れているのがわかるだろうか。

水は、水はあったんだ!




そこを越えると





こんな遺跡が目の前にあらわれてくる。
なんだかボコボコしていてすごい形だ。
要塞みたい。


ちょうどついたときに他の観光客とそのガイドも同時にご到着。
どさくさにまぎれてついていくことにした。



    ↑ここ、登れるの? …マジ?



足場の悪い中を登り、見えたのがこちら。


地球いっぱいの森!


 


地平線の奥までつづく木々。

ビビッドな緑色。



    ↑中央に見えるのは別のピラミッドらしい








写真では伝わりづらいが、この大迫力にすこしばかり感動を覚えた。



…あれ? そういえばなんでここに来ようと思ったんだったっけ?

たしか金細工が発掘されたから興味を持ったはず…景色を楽しみにきたわけじゃ……



まあいっか。



地面には貝や土器の破片のようなものもたくさん埋まっていたが、誰一人としてそれを気にとめるものはいなかった。



もっと見ていたかったが、ところがどっこい時間がない。
入口のスタッフには5時で閉まることを告げられていたのだ。

早くいかないと荷物がしまわれてしまう。



    ↑帰り道。ものっそい急なんですけど…



急いで帰ってギリギリ15分前に戻ることができ、無事ザックを救出。

ここでキャンプができるらしいので聞いていると、キャンプするにはもう10ソルプラスしないといけないそうだ。


んー、それならいいや。
さきへいってどっかの町に泊まりましょ。

と、水だけ買ってポマックの森を出たのだった。



時間がなくてあまりゆっくりできなかったが、ここはかなりのお気に入り。
もう一度行きたいくらいだ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[1回]

PR