忍者ブログ

おいしいフラペチーノランキング in リマ, Peru


メキシコでフラペチーノが好きになった自分。
リマでもたくさん飲みました。

そこで、調査した成果をここに残しておきましょう。


まずは入ったことのある全店舗と値段の比較から、どうぞ。




         現地     日本円
   店名    価格    換算  商品名(うろ覚え)
―――――――――――――――――――――――――――――――
スターバックス   |   14  |    490  | フラペチーノキャラメル,グランデ
Juan Valdez Café  |  12   |   420  |  nevada café
Altomayo     |  11   |   385  |  frappe caramel, grande
Pukupuku      |  10  |   350  |  frappuchino,スタンダード
カラスマークのcafe |  10   |  350  |  frappe de café
マクドナルドカフェ| 8.50 |   297  |  長い名前のモカのやつ

※量は全部大体同じくらい。
※情報はすべて2016年6月現在



値段で見るとマックカフェが一番安いですね。
世界的にブランド化されているスタバはやっぱり一番高いです。
それでは、一個ずつ見ていきましょう。



マックカフェ



とにかく料金が一番安いです。
フラペチーノの味もそこまで悪くない。


・・・ただし、やはり欠点もいくつかあります!


まずは、クリームの質が悪いこと
上あごにくっつくような脂肪分たっぷりのクリームで、味がくどく舌触りもよくないです。

それから、マックカフェ自体あまりないこと
マクドナルドはたくさんありますが、大体どこもマックカフェが入っていません。
どこで飲んだのかというと、旧市街のカテドラルがある広場の角から歩行者天国が続いているのですが、その中のマックです。
色々な場所によってみましたが、マックカフェはここしか見つけられませんでした。

ポストレカウンター(ソフトクリームとか売ってるとこ)は混んでいるときもありますが、カフェカウンターは割と空いています。
しかしバーガーカウンターが混んでいるときはスタッフがなかなかカフェのほうに来てくれないので、そこもマイナスポイントでしょうか。

それから、一番の難点は、普通のフラペチーノがないこと。
チョコ味のモカが一番基本形のフラペチーノに近く、ほかはホワイトチョコとかしかありません。

普通のコーヒー味を飲ませて!
 

Altomayo




ここが一番好き!

店名は「アルトマジョ」と読みます。
この名前のコーヒー豆やインスタントコーヒーがスーパーで売っているので、大型チェーン店なのでしょう。


場所は、新市街に近いところにある大きなショッピングモール、Jochy Plaza(ジョッキープラサ)の中。
レストラン街コーナーに入るちょっと手前にあります。
探せばほかにもありそうです。


    ↑外装

フラペチーノのシャリシャリ感がちゃんと残っていて、あとからコーヒーの香りがしっかりついてくる。
後味も香りがふんわり残るくらいでしつこくない。
オレオが乗っかってるのもポイントですね。
とっても甘ーいため、甘党のかた向けです。

上記の値段表にはキャラメル味と書いてありますが、モカもおすすめです。
”mocha”と書かれていますが、「モカ」と発音するらしいです。(一度恥をかいた)


持ち帰りにしたためか、なかに大きな氷の塊が入っていました。

かさ増し?
冷却用?

入っていないこともあったので、作る人によって氷を砕く粗さが違うのでしょうか。
氷のシャリシャリ感を残すため、と言われれば納得してしまいますが・・・
真実はどうなのでしょうね?



甘いのが苦手というかたはこちら。

despertemos al mundo




おそらく本当の店名はこれじゃないと思うんですが・・・
でも看板にはそう書いてあるし・・・・・

ちなみにこのスペイン語は、
  デスペルテモス・アル・ムンド
と読みます。
意味は「世界を叩き起こそう」とかそんな感じと予想。


フラペチーノの味は無糖なのか、とってもビター。
固めののど越しのなか、コーヒーの香りがしっかりと鼻を通り抜け、大人な味わいです。
さすが本格的なカフェ!

コーヒーが好きな人は好みの味だと思います。


    ↑カップにもカラスの絵が!

場所は、新市街のミラフローレスの海岸にLarcomar(ラルコマール)という洒落たモールがあるのですが、その近くです。
そこから中心広場へと向かう"ホセ・ラルコ通り"の右側にあります。

値段も10ソルと、ほかと比べると安めです。
メニューにはフラペチーノ以外にも多数あるので、試してみてはいかがでしょう。
あの感じだとおそらく普通のコーヒーもおいしいと思います。



Pukupuku




これも店名に自信がないです。

場所を先に書いておくと、旧市街カテドラルの後ろにあります。
大統領府とカテドラルの間を走る道路を、カテドラル側へと進むと右にあります。
入口にfrappuchinoと小さく書かれています。



値段が安く、場所も入りやすいところにあるので、気軽に立ち寄ることができます。

味もなかなかおいしいですし、作る人によっては氷を砕いたシャリシャリが残っていて言うことなし!
しかし薄味のものが出てくることもあるので油断できません。


    ↑持ち帰りの場合

    ↑店内で飲んだ場合



Juan Valdez Café




フアン・バルデス・カフェと読みます。

写真の場所は、旧市街のカテドラルのある中心広場から出る歩行者天国をずっと行き、そのまま道路を直進するとReal Plaza(レアル・プラサ)という小さなモールに着きます。
その中です。

レアルプラサは町にたくさんあり、タクシーや人に道を尋ねてもうまく返事がこないかもしれないので注意。

これもたぶんチェーン店でしょうね。
たしかジョッキープラサにもあった気がします。


味はとってもおいしい!
さすが高いだけあります。
とってもクリーミーでマイルド、甘さが若干控えめの高級感のある味が楽しめます。
下手したら、フラペチーノというよりはアイスコーヒーかもしれません、これ。

メニューのなかに"granizado"もあったので、氷感を楽しみたいかたはそっちのほうがいいかもしれないです。
安いし。


※granizado
グラニサードと読む。シロップと一緒にかき混ざっているかき氷。frappéと書かれるところもある。ちなみに普通のかき氷はペルーでは"raspadilla"(ラスパディージャ)だが、同じスペイン語の中南米でも国によって呼び名が全然違う。



スターバックスコーヒー


日本でも味わうことのできるスタバ。
リマでは探そうとしなくても町中いたるところに存在しています。
さすが都会!

しかし、あんまりスタバのフラペチーノって好きじゃなかったんですよね。
だから日本にいるときはフラペチーノ自体そんなに好きになれませんでした。

あの飲んだ後の舌に残る苦みが苦手で・・・・・
それを好きにしてくれたのが、メキシコのフラペチーノ、というわけです。


スタバのメリットは、やっぱり店内の大きく清潔なトイレが使えるというところでしょうか。
トイレや雰囲気にお金を出していると言っても過言ではないです。
wi-fiが使えるのもいいですね。



全部紹介し終わったところで、どれが自分の好みだったか、
個人的なランキングの発表です!


1、Altomayo

2、Juan Valdez Cafe

3、カラスのとこ

4、Pukupuku

5、マックカフェ

6、スタバ



という順番ですかね。

個人によって好みが違うと思うので、参考程度に。
ではでは~。


関連:
メキシコの飲み物ランキング
↑昔書いた記事。もっと短くて見やすい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

拍手[3回]

PR